かんたんてんとショップ

60秒で設営&撤去できる「かんたんてんと」の専門サイト

トップ  >  抜群の性能/天幕

抜群の性能

①防水・防災・UVカット。こだわりの天幕

生地

かんたんてんと3Rはあくまでも業務用・プロ用のワンタッチテントとして設計されています。お客様の大事なイベントやセールスプロモーション、また防災対策の災害対策本部や救護所など、使用頻度や求められる品質・機能はパーソナルユース向けのものとは比べものにならない程度が求められます。 せっかくワンタッチ構造のフレームを有しているのに、「重い」、「堅い」、「伸縮性がない」生地を使用していればば宝の持ち腐れになってしまいます。そこで天幕素材には丈夫さと軽量さを考慮し、ポリエステル500Dを使用しています。1D(デニール)とは、9000mの長さで1kgの重さの糸の事で、数値が大きくなるほど糸が太くなります。 一般的なアウトドアタープやホームセンターで売られているものは70デニールや150デニールが多く、大型の業務用ものでもターポリン<「重い」、「堅い」、「伸縮性がない」生地>を使用しているものも見受けられます。かんたんてんと3Rの選んだポリエステル500Dは軽量さと丈夫さのバランスがもっとも優れたワンタッチテント向けの生地なのです。

防水機能

勿論、軽量・丈夫さだけではございません。日本は世界の平均年間降水量の約2倍の雨が降る雨の多い国です。日程変更のきかないセールスプロモーションやスポーツイベント、防災訓練中の突然の雨など……そんな時でも、快適に過ごせるように、天幕表面には高い撥水・UVカット加工、裏面に防水コーティング加工と縫製箇所にはシーリングテープをかんたんてんと3Rは採用しています。また、UVカット加工は生地を日差しによる傷み色落ちを軽減する意味合いも込めております。

防炎機能

例えばガソリンスタンドでのタイヤの販促イベントにテントを使用する時に、必ず求められる性能は「(財)日本防炎協会の認定をうけた防炎製品」であることです。他社製品では、防炎加工とうたいながら日本防炎協会の認定をとっていない商品が見受けられます。見た目は似ていても、性能と信頼性は同じではありません。弊社では認定の更新とは別に、年1回必ず防炎協会の防炎性能試験を実施し、防炎性能の検査を行います。防炎性能をうたいながら生地が燃え広がった……ではシャレにならないので。

UV対策

かんたんてんと3Rは勿論、日除けとしても利用されます。真夏のサッカー大会、運動会など少しでも涼を求めて日陰を探したくなるものです。日焼けを気にする女性や肌の弱い幼児の利用を考えて紫外線対策も考慮し、UVカット加工を施すことでUVカット率99%以上、遮光率95%以上を実現していますので、安心してお使用いただけます。